とうしかたろぐ

一人前の投資家になるためのお勉強などなど

『伝説のトレーダー集団タートル流 投資の魔術』

f:id:atama_nonaka:20210930053436p:plain

ここのところ投資手法について迷うところがありまして。

いつまでもチマチマ稼ぐような投資法では、思い描いていたトレードには一生辿り着けないな、ということで本を読み漁っていました。

 

軸となるのはスイングトレードなのですが、なかなか大きく張れないので、利益も小さい。

一度に大きく稼ぐにはどうすればいいのか?

知りたいことは以下の通り。

・大量の資金を動かしても退場せずに済む資金管

・資金拘束や致命傷を防ぐ損切りの技術

・利益を伸ばす買い増し(ピラミッディング )の技術

・イン・アウトのタイミング

 

ここら辺のヒントになるのではないのか、と手に取ったのが

カーティス・フェイス著『伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術』

という本です。

 

タートルズについて

カリスマ・トレーダー、リチャード・デニスは同僚のウィリアム・エックハートに「シンガポールの亀(タートル)牧場みたいに、トレーダーを育ててみよう」と語った。彼らは、トレーダーを育成することは可能か否かという賭けをするため、主要新聞に全面広告を打って大々的な募集をおこない、トレーダー養成塾「タートルズ」を作った。タートルたちは、わずか2週間の研修プログラムを終えると、それぞれ100万ドルの口座を任され、市場に参戦した。そして、ほとんどのメンバーが未経験だったにもかかわらず、次々と巨額の利益をあげ、業界に旋風を巻き起こした。

 

カリスマトレーダーのリチャード・デニスの思いつきで始まった、トレードの素人を一人前のトレーダー集団に育て上げるという突拍子もないプロジェクト。

しかも、1980年代のアメリカで行われていたというのが面白い。

探した限りでは映画も作られていないようなので、映画ができたら是非とも見てみたい。

YouTubeでカリスマトレーダーがこのプロジェクトをやったら、投資リアリティーショーとして再生回数がとんでもないことになるかもしれない(マジで)

 

著者について

カーティス・フェイス

エリート投資集団「タートルズ」の最優等生。19歳の最年少で選抜され、師リチャード・デニスから託された口座で3000万ドルを超える利益をあげた。メカニカル・トレーディングのシステム及びソフトウェアの先駆者。現在は、トレーディング・システムの分析と開発用ソフトウェアを専門とするトレーディング・ブロックス(合同会社)で研究開発の責任者を務めている。またメカニカル・システム・トレーダーのためのインターネット・フォーラムを主宰している。

 

最年少かつトップの成績をおさめたタートルが著者。

この本の肝は長年秘密とされてきたタートルズの投資手法の公開にある。

公開されたとて、それを真似て億り人になれるかというと、かなり難しいことのようだ。

人間は認知の歪み(認知バイアス)などでトレードのルールを平然と破ってしまうから。

 

本書の内容

タートルズの選考

・伝説の商品トレーダー、リチャード・デニスから学んだこと

・タートル流トレーディング

簡単にまとめると上記の3つになる。

 

この中で繰り返し書かれているのが、

「人間の特性としてルールを守ることは難しいが、絶対にルールを破るな」

「どうせルールを守れないんだから、ルールを守るためのシステムが必要」

という話の流れで、結局シストレが一番ってことが言いたいんじゃないか、と思った笑

 

本書を読んで発見したこと、新しい知識

・認知の歪み(認知バイアス)を避けることでトレードを優位に運べる。

・損失は必要経費。大きな利益を得るための通過点。

・資金管理は値幅(ATR)で計算する。

・エッジ(優位性)のある取引をすることで正の期待値が上がる。

・未来を予測しても無駄。過去から今を分析する。

タートルズはトレンドフォローが主流。

・トレンドフォローは変動が大きな市場には向かない。

スイングトレードは変動が大きな市場が向いている。デイトレも然り。

タートルズは機会損失を避けるために多くの市場に分散して投資する(通貨・金利、株式、先物、指数、デリバティブ商品を国内・国外問わずに取引する)

・トレンドフォローに向いているのは通貨・金利商品。

・トレンドフォローをしにくいのは株式、先物、指数、デリバティブ商品。

タートルズブレイクアウト 戦略を用いる。

・強い市場を買い、弱い市場を売る。

 

以上が本書から学び取った知識です。

 

私が主にやっている株式のスイングトレードは、タートルズのトレンドフォロー戦略ではかなりやりにくいことがわかった笑

さらに言うと、トレンドフォロー戦略もブレイクアウト戦略も、たくさんシミュレーションしてみたけど、ボラティリティの大きい日本市場ではかなり厳しい(ー ー;)

 

タートルズのトレンドフォロー戦略がハマるのは、トレンドが出やすい通貨(為替、仮想通貨)・金利(債券)商品らしい。

金管理ができないと命取りになるので、上級者向けではあるのだけど、ハマると面白そう。

 

金管理を学べたおかげで、損切りも必要経費と割り切ることができたのが一番の収穫かな。

 

結論としては「エッジのある銘柄でレバレッジをきかせた大きめの資金を動かしながらデイトレをする」ということに一応落ち着いた。

さて、この戦略が功を奏するのかは今後の成績にかかってますが笑

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村